健康については自分で考える事

腸の健康を保つためにしておくこと

胃腸というのは健康のバロメーターになります。腸の状態を確認するには、毎日排泄される便を見るとわかります。便通が悪くなっていると腸の状態があまり良くないということから、食物繊維や水分を取ることが望ましくなりますし、何よりもお腹の張りが出てくると気をつけないといけません。特に日本人では女性が便秘になる人が多く、そういった症状に悩んでいる人もたくさんいるのが現状になります。そのために薬などを使って解消する人もいますが、なるべくならば食生活を変えることによって、腸の健康を回復さることが望ましいです。

まず食品では食物繊維が必要になります。野菜全般に食物繊維がありますが、どちらかというと脂溶性食物繊維になり、水にとけない繊維になります。そして、反対に水溶性食物繊維というのもあり、これは海藻類に含まれているために、どちらかというと両方の食物繊維を摂るように心掛けると、便秘の解消に役立ちます。その他にも運動をすることによって、腸の活動が良くなるということあります。水分をとって運動をすることによって、汗を出しますが腸の働きも刺激しますので、便通が良くなる効果もあります。腹筋運動をすることで、お腹に力を入れることができるので効果が高いです。

I

Copyright (C)2017健康については自分で考える事.All rights reserved.